よくあるご質問

FAQ

商品について

防曇袋とは何ですか?

野菜や果物は収穫後も生きていて呼吸をしています。

その呼吸作用によって蒸散された水分や流通の温度変化で発生した水分が包装フィルムに付着し、袋内が曇ってしまいます。また、その水滴が青果物に落ちることにより、劣化してしまう可能性があります。
そこで、その曇りの元となる水滴を膜状にして曇りと水滴付着を解消(親水性)させたフィルムを使用した袋を防曇(ボードン)袋と言います。

青果物に応じた湿度対策(穴有・穴無)、袋の強度などはフィルムの厚さにより調整が可能です。

さらに、青果物以外のパンや水産加工物(練り物)の包装、生花のラッピング等に効果が大きく見られます。

また、このコロナ禍でパンなどもひとつひとつ袋に入れて販売しないと
いけない状況だと存じます。
パンもある程度の温度が高いものは、個包装にしている袋内が
湯気で曇ってしまうと存じます。そして水滴になって、
パンが湿ってしまうということが起きます。
そんな時、普通のポリ袋ではなく、防曇袋をぜひ、ご活用くださいませ。
弊社の防曇袋をご愛顧いただいておりますベーカリー店様も
ございます。
透明性もよく、店頭に並べても見栄えがよいとご好評いただいております。

※フィルムに使用しております防曇剤は食品衛生上、安全な物質を使用しております。

防曇袋の防曇効果はどのくらい持つのでしょうか?

防曇剤による防曇効果はおよそ6ヶ月となります。経時により白濁→黄濁してしまいます。なお、保管には、直射日光・高温多湿の場所をお避けください。

オリジナルデザイン、産地の印刷、オリジナルサイズの注文はどうすればできますか?

当オンラインショップでの販売はいたしかねます。

別注品の注文は、別途ご案内いたしますので、当サイトの「問い合わせ」欄に詳細(使用する青果物名・おおよその数量等)をご入力の上、お問い合わせください。

ベジフレッシュ ®︎はどんな袋ですか?

青果物の長期鮮度保持に特化した袋です。

詳しくはこちらのリーフレットをご覧ください。

ベジフレッシュ ®︎は、なぜ青果物を長期保存できるのですか?

ベジフレッシュ ®︎はガス透過性の異なる2種類のフィルムを使用して袋にすることにより、袋内の酸素濃度と二酸化炭素濃度をコントロールし、青果物の快適空間をつくる事で劣化を遅らせることのできる袋です(MA包装と言います)。

ベジフレッシュ ®︎はどんな野菜にも効果があるのでしょうか?

ベジフレッシュ ®︎は全ての青果物において効果を発揮するものではございません。推奨青果物一覧をご参照ください。

ベジフレッシュ ®︎はどのくらいの期間、長期保存できますか?

青果物の種類・生育環境・流通環境・青果物自体の個体差などにより、効果に差が生じます。

ぜひ、お問い合わせ欄より、ご使用になりたい青果物の種類や環境、どのような流通経路をご使用になるか等、詳細等をご記入の上、お問い合わせください。
ベジフレッシュ ®︎専任担当より、ご回答させていただきます。

ベジフレッシュ ®︎の使用期限を教えてください。

鮮度保持効果は、袋に穴があくまで持続いたします。
ただ、フィルムの素材に防曇フィルムを使用しておりますので、経時により、袋の透明性が失われて(白濁→黄濁)しまいますので、商用でご使用になる場合は、およそ6ヶ月で使い切っていただけますよう、お願い申し上げます。
尚、保管にあたっては、直射日光・高温多湿の場所はお避けください。

ベジフレッシュ ®︎の鮮度保持試験データはありますか?

お知りになりたい青果物を問い合わせ欄にご入力の上、お問い合わせください。ベジフレッシュ ®︎専任担当より、ご回答させていただきます。

また、生き生き情報(トピック)に一部データを掲載いたしましたので、
こちらをご参照くださいますよう、よろしくお願いいたします。

https://horix.com/3306
すべての商品は
こちらから